スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誤診

2011-06-18

Tag :

というDVDをいただいた
小児てんかんの少年が主人公のアメリカ映画のコピー
てんかん治療で薬付けになっていく少年がケトン療法という食療法によって発作が起きなくなるというお話
ぴょんが健在の頃、この療法に興味持ち、その時にお話していた病院の方がDVD が手に入ったからと今頃くれた
もうかれこれ5年くらいの月日経つのか
前半は薬漬けになっていく少年がなんとも忍びなくぴょんの発作と重なってとても嫌な気分最終的にはケトン療法があってたらしく回復に向かいひと安心だったのだが。。。
5年経ったら、医学も進み、いろんな治療方法もできているのだろうね
犬に脳の手術は難しいのだろが、人間では大分進んでいるとか
最新技術~いろんな方法あるんだろね
スポンサーサイト

mimiさんのコメント

No title

↓ちこちゃんの件だけど。。。
たしかに体重が減らなかったりしたのは甲状腺機能が落ちる事により、やたら代謝も悪くなってたのかもね。。。
甲状腺機能が悪くなると全体的に動きやメンタル面すべてダウンするから、お薬で良くなるならいいよね。たしかにホルモンとかの問題は、何かすれば完治というわけではなくても、病名と治療方法がわかっただけでも良いよね。
お大事に。

あきぴょんさんのコメント

mimiちゃん

だねだね~
昨年夏から。。。
いや、もっと前から、ちこの場合、自己免疫疾患はあったと思うから。。。
若い時はそうでもなかったけど、脚を怪我したあたりから、甲状腺機能低下も同時にあったのかもね。。。
犬もメンタル面がダウンするか否か???だけど、
犬の場合は直接的に行動に出てるよな気もする
だるい→寝る→太る(笑)
薬には副作用は必ずあるから難しいけど
薬はやはり体を治すものだから、
うまく使って体調が快方に向かうなら、それで良し!!だもんね。
うまくつき合っていくしかないね!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちこぴょん

Author:ちこぴょん
ようこそ♪あきぴょん☆ちこぴょんへ

アメリカンコッカーぴょん太 白茶♂
  2008年2月25日 お☆さま
  享年10歳
アメリカンコッカーちこ バフ ♀
  2000年11月14日生 
  アジリティを楽しんでます 
ボーダーコリーてでぃ太 チョコ&ホワイト ♂
  2008年10月4日生
  子育て中
  ハイパワー楽しんでます

わんこ大好きサイトです

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。